Link Consulting Group 人材戦略・営業戦略・経営戦略のベストパートナー

パブリシティー一覧

2002/11/15 異業種の強み生かす

中小に3PL提案 「物流にっぽん」

【愛知=山田梨津子】物流コンサルティングを手掛けるビジネス・キャリー(伊藤敏彦社長、名古屋市中区)では、愛知県内の中堅・中小・ベンチャー企業を対象に3PL(サードパーティー・ロジスティクス)を提案している。 同社は倉庫、運送、マーケティング、資材商社のオーナーや公認会計士などが役員を務めており、それぞれの得意分野を生かしながら一つのチームとして顧客のプロデュースを行う。
事業内容は物流コンサルティング、マーケティングコンサルティング、環境関連商品販売、アウトソーシング(業務の外部委託)サービスにおけるビジネスモデル開発。従来、物流最適化の提案がメーンだったが、この半年間で依頼案件が多様化している。 同社では物流をオペレーション(コスト管理、受発注、輸配送、保管、荷役・梱包、流通加工)、プランニング(物流・情報・在庫管理の各システム)、ストラテジー(経営・物流戦略)の三つの階層に分け、いずれにも対応できるよう多くの物流会社、荷主とパートナーシップを組んでいる。
「物量流は変わらないので、常に共存の気持ちを持つことが大切」という。和田康伯取締役は「荷主の理屈と顧客の理屈には違いがある。この切り替えにビジネスチャンスがあるのではないか。異業種の組み合わせという強みを生かし顧客を支える物流を構築したい。全国展開も視野に入れている」と意欲をみせる。


  • パブリシティー一覧へ
  • 前のパブリシティーへ
  • 次のパブリシティーへ

お問い合わせはこちらから tel: 052-955-3555(大代表)email: pj@link-vision.com