Link Consulting Group 人材戦略・営業戦略・経営戦略のベストパートナー

パブリシティー一覧

2004/01/26 異業種人脈で営業支援

会員制組織立ち上げ 50社登録 中小に販路提供 「中部経済新聞」


総合物流コンサルタントのビジネス・キャリー(本社名古屋市中区丸の内一ノ一七ノ一九、伊藤敏彦社長)は各種プランニングを手がける、リンクコンサルティンググループ(和田康伯社長)と共同で異業種人脈を活用した会員制の営業支援組織を立ち上げる。製造業や流通、卸、食品企業など五十社を集め、販路開拓に苦慮する中小・零細企業をサポートする。
同社は中堅・中小企業を対象に物流コストの削減など提案し、二〇〇三年六月期は約三億円を売り上げている。
会員制の営業支援組織「BMC(ビー・エム・シー)」は特定分野に精通した五十人(登録は法人)を組織化し、営業部門を持たない、または営業費用の削減に取り組む中小・零細企業の販売活動を代行する。今月十六日に総会が行われ、今後は月一回ペースで依頼者を交えた会合を開き、売り先やターゲットを勘案しながら、分野別に構築した十六項目のなかから最適な販路を提供する。
会員はアライアンス、マッチングなど通じて発生した収益の一部を手数料として受け取る。
「依頼者にとっては五十人の戦術実行部隊を持つことになる。アドバイスやコンサルタントではなく、実際の販売を支援する組織であり、新規事業の試行や新商品の試販といった市場調査にも活用してもらいたい」としている。


  • パブリシティー一覧へ
  • 前のパブリシティーへ
  • 次のパブリシティーへ

お問い合わせはこちらから tel: 052-955-3555(大代表)email: pj@link-vision.com