Link Consulting Group 人材戦略・営業戦略・経営戦略のベストパートナー

パブリシティー一覧

2006/11/01 就職懇談会~大学・短大・専門学校36校が参加

若手社員が語る 中小企業の魅力 「同友Aichi」


「規模ではなく、業種や職種で」
九月二十八日、「大学・短大・専門学校との就職懇談会」が開催され、三十六校の就職担当者が参加しました。これは共同求人活動の一環として、毎年この時期に開催しているものです。
今回は地元大学を卒業して一年~三年という五名の若手社員によるパネル討論が行われました。
また、コーディネーターは共同求人委員会より(株)リンクコンサルティンググループの和田康伯氏が担当し、「なぜ中小企業に就職したのか」、「家族や友人など周囲の評価はどうか」、「就職してみて実態はどうか」などの質問を投げかけました。
パネリストからは、「自分のやりたいことがあり、企業規模ではなく、業種や職種で選んだ」、「質問に対してトップが親切丁寧に答えてくれたのは中小企業で、その中で今の企業を選んだ」など、規模には関係なく、むしろ積極的に中小企業を選んだ理由が発表されました。

「今の学生にも伝えて欲しい」
また中小企業に就職したことへの周囲の評価は賛否が半々であり、「今でも家族に反対されるが、私自身がやりたいことだから勤めている」との回答も出されました。
就職した結果としては、全員が正解だったと回答、各自のキャリアプランや今後の夢が率直に語られました。
就職担当者に望むこととして、「専門バカにならないように社会人としての心構えを教えて欲しい」「今日のパネル討論で聞いた中小企業の良さの内容を、今の学生に伝えていって欲しい」などといった要望も出されました。
中部学就連会長の山田徹氏(愛知学泉大学)の挨拶で始まった懇親会では、学校関係者と会員経営者の自由な雰囲気での歓談が行われました。


  • パブリシティー一覧へ
  • 前のパブリシティーへ
  • 次のパブリシティーへ

お問い合わせはこちらから tel: 052-955-3555(大代表)email: pj@link-vision.com