Link Consulting Group 人材戦略・営業戦略・経営戦略のベストパートナー

報道ピックアップ

2015/10/26 就活ルール再見直し。6月選考解禁へ 経団連方針

2015/10/26
日本経済新聞

経団連は今年から導入した大学生の就職活動のルールをもう一度見直し、面接など企業による選考の解禁時期を8月から前倒しする。今より2カ月早め、6月を新たな解禁時期とする方向で調整し、現在の大学3年生が対象の来年の採用から適用する。就職活動が結果的に長期化したことに加え、日程を守らない企業が相次いだ事態に対応する。
選考の解禁を大学4年時の6月に前倒しするのは7月だと期末試験と重なり、4月や5月だと会社説明会から選考までの期間が短いためだ。中小企業を束ねる日本商工会議所も今月まとめた提言で、同様に6月の選考解禁を求めていた。
11月中にも再見直しの最終結論を出す。経団連は政府の要請を受け、今年から企業の選考時期に関し「学生が学業に専念できる時間を増やす」ため、従来の4月から8月に4カ月遅らせるルールを導入していた。度重なる日程変更による混乱を憂慮する見方もある。
今年から会社説明会の日程も、大学3年時の12月から翌3月に遅らせたがこの日程は来年以降も動かさない方針だ。

 

解説【和田康伯】

2016年度の就職活動は、6月選考解禁のスケジュール(予定)となりました。

*2017年度採用のスケジュール

①3月…エントリー開始、会社説明会開始(同様)
②6月…選考解禁(2ヶ月前倒し)
③10月…内定解禁(同様)

実際には今年も6月にはすでに多くの企業が選考に入っており、今年の実態にあわせたスケジュールになったと言えます。中小・中堅企業におかれましては、さらに成功へのポイントの見極めが大切になりますから、一緒に設定していきましょう。また、今回報道のスケジュールの最終結論は11月中旬です。


  • パブリシティー一覧へ
  • 前のパブリシティーへ
  • 次のパブリシティーへ

お問い合わせはこちらから tel: 052-955-3555(大代表)email: pj@link-vision.com